ニュージーランドでの生活費の目安はいくら?

Photo by QuickOrder
ニュージーランドで生活していくのにどれくらいの費用がかかるのか、特にワーキングホリデーや永住に向けて、長期の滞在を考えている人には、興味のあることだと思います。
今回は、ニュージーランドで居住することになるエリアや職業、収入を入力するだけでニュージーランドで生活する上で必要になってくる費用を算出してくれるウェブサイトをご紹介したいと思います。

ニュージーランドの移民局によるCost of Living算出サイト

移民局のサイトにあるCost of Livingというページで、居住予定の地域、誰と(何人で)生活するのか、どの業界で働くのか、を選択していくと平均データを用いて、目安となる収入と税金、保険料も差し引いて、手取りがどれくらいになるかを算出してくれます。
合わせて、食費や医療費、交通費など各種出費についても予算を出してくれるので、長期居住を予定している方には、おすすめです。

具体的に見ていくと…。


上記画像は、Cost of Livingのページのデフォルト設定です。『オークランドに一人暮らしをして、ある業界で正社員として働いている』という場合の収入や支出が算出される設定になっています。

この設定では、
ニュージーランドでの生活費

年間収入は、$52,879、
税金とACC(保険)の年支出が-$9,618.72、
Kiwisaver(任意の年金保険)年支出が-$1,586.37、
年間の手取りが$41,673.91、
週の手取りが$801.42

となっています。

Kiwisaver(キウイ・セイバー)は、永住権取得者になると加入できる、任意の個人年金です。給与から(3%~8%)が天引きされ、年金運用機関で運用されていくようになっています。任意なので雇用主から入るかどうか、確認があると思います。
ACCの保険料についてはこちら

ニュージーランドでは、給料の支払いが1週間ごとだったり、2週間おきに支払われるのが一般的なので、手取り収入や支出を週でいくら?と考えるのはとても一般的です。家賃の支払いも一週間ごとや2週間分の支払いというのが基本的に多いです。
日本は、お給料も家賃の支払いもひと月ごとに支払うというのが一般的なので、お金の管理の仕方は少し変わってしまって戸惑うかもしれませんが、そのうち慣れると思います。

オークランドに一人住まいでの支出は?

それでは、オークランドに一人住まいでどれくらいの支出になるのかも見ていきましょう。
※こちらのCost of Livingにアクセスするとデフォルトで表示されているのをそのままご紹介します。

週の手取りが$801.42とした場合の、細かく項目ごとに分けた支出費用の一週間の目安が出ています。
自分に必要ない予算であれば、無視すればいいし、自分はもっと使うなぁ、と思う項目にはプラスして考えるなど、柔軟に自分のライフスタイルと照らし合わせながら、予算を考えていくとよいと思います。

食べ物、アルコール/Food & alcohol $136.50/週

●参考価格
牛乳は、2リットル3.5ドル~4.5ドル
マクドナルドのビックマックは、単体6ドル
ワイン1本8ドル~30ドル
カフェでコーヒー1杯4ドル~
といった感じです。主なスーパーマーケットの商品価格はこちらで確認することが出来ます。
●ニューワールド・スーパーマーケットNew World Supermarket
●カウントダウン・スーパーマーケットCountdown Supermarket

服、くつ/Clothing & footwear $16.70/週

●参考価格
ジーンズ1本:60ドル~150ドル
スニーカー:20ドル~200ドル
レインコート:40ドル~400ドル
ビジネスシャツ:40ドル~120ドル

洋服はピンキリで安いものでいい時と、ちょっとおしゃれにこだわりたい時など様々だと思いますので、価格帯ごとにお店を紹介しておきます。

低価格:ウェアハウスThe Warehouse、コットンオン Cotton On、ナンバー・ワン・シューズ Number One Shoes
中価格:ファーマーズFarmers、 グラッソンズGlassons、 ハレンスタイン・ブラザーズHallenstein Brothers、 ハナHannahs Shoes
高価格:キューCue、 カレンウォーカー Karen Walker

家賃、他/Housing & household utilities $202.10/週

もし、オークランドで一軒家を買うと平均1,044,000ドル
一軒家をオークランドで借りると毎週555ドルくらいが平均値なようです。

オークランドで1人暮らしのフラット生活であれば、200ドル~250ドルで見つけられるのではないでしょうか。
また、オークランドのような大都市に住むか、田舎に住むかで家賃にいくらかかかるのか差がでるところです。

家財、サービス/Household contents & services $32.20/週

フラット生活であればだいたいは、そのフラットにある電化製品、家具を利用できるので特に購入する必要はないでしょう。ただ、場合によっては、家賃にプラスしていくらかの費用を要求されることがあるかもしれません。フラットに入る時や家をレンタルする時はきちんと条件を確認しておくようにしましょう。

【電化製品を購入する場合】
●参考価格
洗濯機:600ドル~1500ドル
42インチのテレビ:600ドル~1500ドル
電気工事を頼む場合、業者1時間ごとに75ドル~

▼新しく購入する場合の価格帯はこちらから確認できます。
ハーヴィー・ノーマンHarvey Norman
ウェアハウスThe Warehouse
ブリスコBriscoes

▼中古品を買う場合
ヤフオクみたいな感じのトレイドミーTrade Me Marketplaceを使うか、リサイクルショップなどで探すと安くて掘り出し物を見つけられるかもしれません。

医療/Health $34.90/週

●参考費用
・最寄りの病院(GP)で診察:30ドル~60ドル
・13歳以下の子供は無料
・薬局での調合5ドル~
・歯医者での診察:大人70ドル~150ドル

ACC(Accident Compensation Corporation)
ACCは、ニュージーランドに滞在する人の滞在ビザに関係なく、外国人旅行者も含め病気以外の突発的な事故などに巻き込まれて怪我をした場合など、治療費が補てんされる制度で税金により賄われています。
医師が診断後にACCへ申請を行い、保証の対象になるかどうか、その金額については、ACCにより判断されます。

GP(General practitioner)
もし、体の調子が悪い時など診察や治療をしてもらいたい場合は、まずは、GPに診てもらいます。
GPは、ざっくりいえば、地域密着のお医者さん的な、ファミリードクターで、まずは、このGPで初診をしてもらい、もし、精密検査が必要だったり、専門医の診察が必要な場合は、このGPが専門医院や総合病院を紹介してくれることになっています。
GPは、インターネットで検索できます。『Doctors, GPs & Medical Centres in エリア名』で検索すればだいたいのエリアにおいて自宅最寄りにあるGPを見つけられると思います。
例えばオークランドなら、こちらのようなサイトがあるのでこちらから自宅に近いGPを選ぶといいと思います。または、近隣住人などに聞くのもおすすめです。住人に聞いた方が評判も聞けたりするのでそっちの方が簡単で安心できていいかもしれませんね。

総合病院の公立は費用はタダですが、待ち時間が異様に長く、数時間から場合によっては、数か月先まで予約でいっぱいとなっている場合もあります。そんなに待てない、という人は、費用はかかりますが、私立病院を選ぶことになります。

交通費/Transport $79.50/週

●参考価格
車の購入:フォード フォーカスの場合(2.0L,5ドア)36,350ドル
車の登録費:フォード フォーカスの場合90ドル
車の補償:年間50ドル
都市バス: 大人2ドル~10ドル

車は、田舎に住む場合や車で旅行をしたい人には必須になるでしょうが、大都市に住むような場合は、公共交通機関があるので車はなくて問題ないでしょう。

▼車に関する費用はこちらから
トレイドミー | Trade Me
車両登録、ライセンス費用 | Vehicle registration and licensing fees/NZ Transport Agency

ガソリン代 | Petrol and diesel prices/Automobile Association (AA)

通信費/Communication $23.80/週

●参考価格
携帯電話プラン:月額19ドル~80ドル
インターネット:月額70ドル(光回線80GB)
携帯電話デバイス:20ドル~1,200ドル
家電話:月額44ドル~

娯楽費/Recreation & culture $64.20/週

●参考価格
ゴルフ:30ドル~100ドル
映画チケット:10ドル~20ドル
一日スキーパス:80ドル~120ドル
プール入場料:大人3ドル~6ドル
音楽、フードイベント:入場料50ドル~200ドル

教育/Education $15.30/週

公立学校寄付:(教育費は無料ですがほとんどの学校で寄付を募っています。)年間40ドル~400ドル

市立学校費用:15,000ドル~25,000
文房具:年間80ドル~250ドル
大学費用(国内生徒/BA/学士):5,500ドル~7,000ドル

その他、雑費/Miscellaneous goods & services $71.70

●参考価格
ヘアカット:40ドル~150ドル
スポーツジム:週7ドル~22ドル
車の保険:年間500ドル

Other expenditure $56.20/週

その他もろもろ

以上の支出項目がたてられており、1週間で総額733.10ドル と見積もられていました。収入が801.42 NZD だったので、差額68.32 NZD が手元に残る計算になっています。

あくまで例なので、一週間にこんなに使わないという人もいれば、もっと使うという人もいるでしょう。

ニュージーランドのどのエリアに住んで、どういった職について、どういった暮らしをするのかは、人それぞれなので、ぜひ、自分のシチュエーションの場合をニュージーランド移民局のサイトで検索してみて、ニュージーランドでの生活にかかる費用をシュミレーションしてみてください。
※$/ドルの表記は、すべて、ニュージーランドドル(NZD)です。

ポチっとしてくれたら励みになります! → 
にほんブログ村

関連記事

唯一日本からNZへ出ている直行便!

インターシティバス 検索

ピックアップ記事

2018年ニュージーランド航空、世界の安全な航空会社20に選出。

Photo by Ross Parmly 航空会社や航空機を評価するサイト、エアライン・レーティングス(AirlineRatings.co…

日本からニュージーランドへの直行便まとめ

今のところ、日本からのニュージーランドへの直行便が出ているのは、ニュージーランド航空のみになります。 他国への経由をしたりするのが面倒な方…

ニュージーランドを国内長距離バス (インターシティ バス)で1人旅に出かけよう!

ニュージーランドは、長距離バスの交通網が発達しているので全国主な観光地へは、長距離バスでアクセスができ大変便利です。特に気ままにひとり旅をし…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る