ニュージーランドダイアリー

ニュージーランドの現地ニュースや旅行やビザに関する情報まで色々発信しています。

スポンサーリンク

ニュージーランドの電圧とプラグ

light NZ基本情報

ニュージーランドの電圧は230 / 240 Vで周波数は50Hz。日本(100V)とは違うので、日本から電化製品を持ってきてもそのままでは使えないものが多く、対応していない電化製品を持ってきて、変圧器を通さずに誤って差し込んでしまうと壊れてしまいます。

日本の電化製品を使用する場合は、その製品の電圧範囲を調べて100v~240vまで対応しているようであれば使用できますが、それに対応していなければ変圧器を用意する必要があります。コンセントプラグの形は違うのでO型変換プラグは常に必要です。 >>O型コンセントプラグをみる

コンセントプラグ

plug
ニュージーランドのコンセントプラグはハの字型で、O型タイプになります。日本で販売されている変換プラグはハの字2つ穴用のものが一般的ですが現地では3 つ穴が開いています。下の穴はアース用なので2つ穴のものを購入しても問題はありません。写真右側の赤いランプがついている方がスイッチを入れた状態です。

変圧器は必要?

基本的な生活を送る分には、必要ないでしょう。(O型変換プラグは、必要)。ですが、ニュージーランドにはない電化製品を持ち込んで使用したいと考えているならば、変圧器は持って行った方がよいかもしれません。ただ、 変圧器は使用する電化製品に合ったワット数のものが必要ですので事前によく調べておきましょう。