水上を走る自転車。ハイドロフォイル・ウォーター・バイク(Hydrofoil)がついに誕生!

ニュージーランドの「Manta5」社が6年かけて生み出した水上を走る自転車。

動画をみましたが、本当に自転車をこぐ要領で、ペダルを漕ぐことで水の上をすいすい進んでいきます。

水上バイクのようなジェット機能のある乗り物とは全く違っていて、本当に水の上を漕いで進んでいます。
基本的に自転車に乗れる人、プラス、泳ぐこともできるなら、このハイドロフォイルに誰でも乗ることが出来ます。

水中に浸かるパーツには、水中翼があって、推進時に水面まで浮上するための役割をしているそうです。電動モーターの付いたモデルは、ペダルを漕ぐ手助けをしてくれます。時速20kmでるそうです。

もし、転倒しても沈んだりせず、きちんと浮き上がるような設計もされていますし、沈んだ状態からでも通常ポジション、走行状態に戻ることができます。

開発者の一人、Howard-Willis氏は自転車が大好きということから水上でも走るという夢を追い、ここまで実現させた人。もう一人の自転車デザイナーの Roland Alonzo氏は、自転車嫌い、水に濡れるのも嫌、という人らしいですが不思議な二人の組み合わせにより生まれたハイドロフォイル・ウォーター・バイク。将来的には、オリンピックの競技にならないかな、大きすぎる夢かな?と語っています。

水中翼のパーツは、取り外しができるので、ステーションワゴンなら車で持ち運びもできます。湖や海で使えるので将来的には、ニュージーランドの観光地でお目にかかる日もそう遠くはないでしょうね。

販売時期は?

今なお、改良は続けているそうですが、予約受付は行っており、出荷自体は、2018年後半くらいになりそうです。値段はまだ未定です。

実物を見てみたい方は、オークランドで開かれる『 Big Boy Toys convention 』というイベントで展示されるそうなのでぜひ出かけてみてはいかがでしょうか。今週11月10日~12日、オークランドで開催中です。

▼参照
https://www.stuff.co.nz/business/innovation/90820686/Hydrofoil-water-bike-to-launch-before-Christmas

ポチっとしてくれたら励みになります! → 
にほんブログ村

関連記事

唯一日本からNZへ出ている直行便!

インターシティバス 検索

ピックアップ記事

2018年ニュージーランド航空、世界の安全な航空会社20に選出。

Photo by Ross Parmly 航空会社や航空機を評価するサイト、エアライン・レーティングス(AirlineRatings.co…

日本からニュージーランドへの直行便まとめ

今のところ、日本からのニュージーランドへの直行便が出ているのは、ニュージーランド航空のみになります。 他国への経由をしたりするのが面倒な方…

ニュージーランドのマヌカハニーについて

マヌカハニーについていろいろ調べていたのですが、そもそもはちみつとは?というところから気になったのでご紹介しています。それにより、マヌカハニ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る