ニュージーランドのアイコニックな”キリン”に実はまだ名前がなかった…ので名前を募集中。

2018年、すでに仕事始めをされている方もすでにいらっしゃるでしょうが、筆者は本日から仕事始めです。

今日は、ホリデー中に意外なことを知ったのでご紹介したいと思います。

夏は、ミルクシェイクの季節

夏になると冷えた飲み物がとてもおいしい季節です。ニュージーランドには夏といえば、老若男女問わず人気の飲み物があります。以前も記事にしたことがあるのですが、それは、ミルクシェイク。
ここでいう、ニュージーランドで親しまれているミルクシェイクは、アイスクリームと牛乳と各種フレーバー(チョコレートやキャラメル、イチゴ、バナナetc…)を混ぜ合わせた冷たい飲み物のことです。
デイリー(コンビニみたいなもの)やベーカリーやカフェといったお店で販売されています。
※フレンチタイプには、アイスクリームの代わりに卵黄を入れる、ミルクシェーキというものがあるそうですが、それとは違います。

まだ、名前がなかったとは…

だいたいのお店で作ってくれるミルクシェイクは、テイクアウトする場合は、”The Longest drink In Town(町で一番背の高い飲み物)”というキャッチコピーとともに可愛らしい青と赤でデザインされたキリンのキャラクターが描かれた紙カップに入れてくれます。

このキリンのデザインは、1968年に登場したそうですが、意外にも名前が付けられていないんです。「実は名前が、●●なんですよ」というとへーそうなんだ、って感じですが、「実はまだ名前がない」となると、個人的に販促物に使うキャラクターには、名前があって当然、という感覚があるため、何で今までつけてなかったんだ?と問い詰めたくなる気分です。
なんでなかったんでしょうね?ちょっと気になるところですが。

それはそうと、ニュージーランドのアイコニックなデザインとして広く認知されている”キリン”。登場してから50年経ってやっと、その名前を付けようということで、名前募集のキャンペーンが実施されています。
これぞという名前が浮かんだ方は、ぜひ応募してみてはいかがでしょうか。名前が採用された方には、色々グッズがもらえるみたいですよ。※応募は終了しております。結果は↓↓この記事の最後に↓↓。
このキリンのキャラクターは、キーホルダーなどのグッズとしても販売されているので、お土産とかにも喜ばれるかもしれませんね。
オンラインでグッズも購入できるようです。

▼WEBサイト
www.longestdrink.co.nz/stockists
▼Facebook
https://m.facebook.com/longestdrinkintown/

余談

お店によって、若干作り方が違うのか、初めて飲んだ時のミルクシェイクは、甘い牛乳を飲んでいる感じで好きになれなかったのですが、別のお店で飲んだミルクシェイクは、冷たくて適度にシャーベット感もあって自分好みでした。
きっと初めて飲んだものは、アイスクリームの量が少なく、ミルクの量の方が多かったんだろうな、と。

今後もできればアイスクリーム多めの冷たいミルクシェイクを作ってくれるお店で飲もうと思います。

その後・・・。

名前はトビーに決まりました。
2018年2月9日に結果が発表されていました。
名前は、Toby/トビー になったそうですよ。

▼参考

ポチっとしてくれたら励みになります! → 
にほんブログ村

関連記事

唯一日本からNZへ出ている直行便!

インターシティバス 検索

ピックアップ記事

Miramer

ニュージーランドの映画史と代表作品ピックアップ

1990年代以降、急速にニュージーランドの映画産業は、注目を浴びるようになってきました。その火付け役となったのは、ご存知のとおり、ピーター・…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る