珍しい光景。マイルカをアカロアにて観測。

Photo: Common Dolphin(マイルカ属)
ニュージーランドの近海では、海に生息する野生動物を目にすることのできる機会があります。
ニュージーランド近海で見られる野生動物には、イルカ、クジラ、ペンギン、オットセイ、海鳥では、アホウドリ、シロカツオドリといった生き物が挙げられます。
これらの野生動物観測ツアーは、北島は、ノースランドから南島のミルフォードサウンドまで様々で、それぞれの地で生息している野生動物にあうことが出来ます。

アカロアではめったに見られないマイルカが発見される

ニュージーランドで主に見られるイルカは、バンドウイルカ、ダスキー・ドルフィン、ヘクターズ・ドルフィンなどです。ヘクターズ・ドルフィンは、世界最小のイルカとして珍しいイルカで、南島のアカロア・ハーバー(クライストチャーチから車で一時間半程度のところ)周辺を保護区に指定し保護されています。

このほど、アカロア・ハーバーで20匹ほどのヘクターズ・ドルフィンが泳いでいる中にマイルカ(マイルカ属に属するイルカ)が一匹紛れて泳いでいるのが発見されました。
通常このマイルカは、南島ではめったいに見られないため、アカロアで見つけられたことも驚きの一つですが発見者によれば、それでも一年に一度見つけるくらいの少ない頻度で観測されているものの、それでも前回見かけた時は、200匹くらいの群れだったそうですが、今回は、たった一匹で泳いでいたそうでこれはとても珍しいのだそうです。
何かからの危険を避けるためや食べ物を探すためといった、何らかの理由があって、ヘクター・ドルフィンの群れに紛れ込んだと思われています。通常10~50頭の群れ、時には、100、200頭の群れを成すことが多いと言われているだけに、何故1頭だけ紛れていたのか気になりますね…。

それぞれのイルカの種類によって生息する場所は違っており、マイルカは、ニュージーランドの北島でもワイへケ島あたりのハウラキ湾やノースランド沖で見られることが多いようです。(南島でもカイコウラやミルフォードサウンドでなら見られることもあるそうです。)
ニュージーランで催行されている野生動物観察ツアーの内容も様々で、イルカをクルーズ船から観察したりやシーカヤックに乗ってイルカを間近で観察できたり、海に入って一緒に泳ぐツアーなどがあります。イルカを間近で見てみたいという方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

ニュージーランドで野生動物に出会うツアー

https://bustabi.newzealand-diary.com/archives/1452
▼参照
https://www.stuff.co.nz/the-press/news/100566708/Rare-sighting-of-short-beaked-dolphin-in-Akaroa-Harbour

ポチっとしてくれたら励みになります! → 
にほんブログ村

関連記事

唯一日本からNZへ出ている直行便!

インターシティバス 検索

円で入金!海外専用プリペイドカード!


海外で使う現金って、どうしてますか?答えは 「MoneyT Global」入会費・年会費・口座管理手数料、カード発行手数料無料。クレジットカードではないので、入会審査いらずで誰でもカードを作ることが出来ます。

ピックアップ記事

ニュージーランドを国内長距離バス (インターシティ バス)で1人旅に出かけよう!

ニュージーランドは、長距離バスの交通網が発達しているので全国主な観光地へは、長距離バスでアクセスができ大変便利です。特に気ままにひとり旅をし…

おすすめ記事

海外旅行・ワーホリ保険

海外では、医療費の常識が日本と大きく異なります。留学・ワーホリ保険ならAIU保険がおすすめです。AIUの海外旅行保険は、各種保険プランからしっかり比較検討できます。歯科治療費用を保証するタイプもあります。
ページ上部へ戻る