ニュージーランドのコーヒーについて

coffee-shop生活情報
coffee-shop

ニュージーランドのコーヒー文化は、首都ウエリントンにおいてはじまりました。イギリスやアメリカで起こったエスプレッソコーヒーの人気を受けて、カフェではエスプレッソマシーンを導入する店が増え、ウエリントンは、カフェ文化発祥の地、そして“コーヒーの首都”として全国に知られるようになったのです。そしてCNNにより世界的なコーヒーデスティネーションとしてTOP8にも選ばれています。ここでは、コーヒーのメニューを少しご紹介したいと思います。

どんなコーヒーがあるの?

ニュージーランドで、初めてカフェに行くと日本であったコーヒーのメニューがなくて、見たことがない種類のメニューに出会うでしょう。やはり初めての時はどれにしたらよいのか戸惑うことがあると思います。ここでは、ニュージーランドのcafeで飲むことができる代表的なコーヒーをご紹介します。

ショートブラック→ロングブラック→アメリカーノ (左から順にコーヒーの濃度が濃い)

小さめのカップにダブルショットのエスプレッソのみを注いだものがショートブラック(Short Black)。そしてこのショートブラックを同量から2倍程度のお湯で薄めたものがロングブラック(Long Black )。そしてロングブラックにさらにお湯を加えたものをアメリカーノといいます。

フラットホワイト/Flat White

flat white
ニュージーランド(オーストラリア!?※)で生まれたと言われているキウイには定番のコーヒーです。ラテよりコーヒーが濃く、フォームが少ないのが特徴です。どのお店にも絶対ある定番のコーヒーです。※どちらが発祥地なのか双方の言い分があり実際どちらかわかりません。

ラテ/Latte

Latte
エスプレッソにフォームミルクを加えたもので、フラットホワイトよりミルクの量が多いので、苦いコーヒーが苦手な方、クリーミーなコーヒーが好みの方におすすめです。

カプチーノ/Cappucino

Cappucino
エスプレッソ、スチームミルク、フォームミルクの3つの層でできあがっています。チョコレートパウダーかシナモンパウダーかどちらかをかけてくれるところがあります。お好きな方を選んでください。

ホットチョコレート/Hot chocolate

hot
基本的には、チョコレート自体を溶かしてつくるものとされています。一般的なカフェで出てくるのは、ホットチョコレート用の粉末をミルクでといたものです。チョコレートの専門店では、実際にチョコレートを溶かした、よりチョコレートのフレイバーが強いものを飲めると思います。そして、ホットチョコレートをオーダーすると、マシュマロをカップにのせてくれるか、カップの中にいれた状態で作ってくれます。キウィの子供たちに大変人気があります。

アイス コーヒー(Iced Coffee)

Iced Coffee
日本でいう、アイスコーヒーはニュージーランドにはありません。日本のものは冷たいアメリカンコーヒーで氷がたっぷり入ったイメージですが、こちらでは、エスプレッソにミルクと大量のホイップクリームそしてチョコレートソースがかかっています。まるでパフェのようです。全く違うものですのでご注意ください。

ニュージーランド航空、期間限定セール!エコノミーが8万9000円~。
2019年の12月16日から来年2020年の7月15日出発分が対象の期間限定セールが始まりました。(ニュジーランドの夏~秋~冬の期間に該当します。) ※セールは、2019年12月16日(月)まで!お見逃しなく!
 期間限定セール!
セール価格 エコノミー89,000円*~
セール価格 プレミアム・エコノミー194,000円~
セール価格 ビジネス・プレミア299,000円*~

ニュージーランドには行ってみたいけど、どこに行けばいいのか、決められない方に!

世界各地の旅行プランあり。 ニュージーランドのどこへ行こうか、何をしようか、旅行プランが全くない方!もしくは行く予定だけど、計画立てるのがちょっと面倒…。 おすすめの旅行プランを作ってくれたら楽だな…、なんて思っている方、いらっしゃいませんか?! そんなあなたに、ニュージーランド旅行プランの提案が受け取れるタウンライフ旅さがし「海外旅行プラン一括依頼サイト」というサービスがおすすめです。 必要事項をフォームに入力して、無料で問い合わせることが出来ます。せっかくの旅行をより充実したものにするために海外旅行のプロの意見を参考にしてみてはいかがでしょうか。 利用の流れ海外ハネムーンやリゾート旅行のプランも無料です☆
生活情報 食べ物情報
スポンサーリンク
ニュージーランド ダイアリー
タイトルとURLをコピーしました