キウイ英語について

日本語でも地域別によって方言があったり、話し方に特徴があるように英語にもそうした特徴があります。
ましてや世界中で話されている英語ですから国・地域・人々の間でそのアクセント(訛り)も多種多様です。英語を話せば、どこの国、地域出身なのか、まで分かってしまうほどです。

ニュージーランドは多民族国家ですので、いろんなアクセント(訛り)の英語スピーカーに出会います。日本人が英語を学習してきた中で教わってきたのは、戦後アメリカ軍の占領下にあったという歴史的背景からそのほとんどがアメリカ英語だと思います。
一方、ニュージーランドの英語はイギリス英語の流れを汲みます。イギリス英語に慣れている人でも初めのうちはニュージーランドの英語に戸惑うかもしれません。
なぜなら、この国の英語は”キウイ・イングリッシュ”と呼ばれるほど、ニュージーランド特有の面をもつ英語とされているからです。大きな特徴としては、会話のスピードが異常に速いことや、一般的なイギリス英語と比べて発音が違ったりする点です。ここでは、そのニュージーランド英語についてご紹介したいと思います。

ニュージーランド人のリスニング力はオールラウンダー??!

ニュージーランドのテレビ番組の大半はアメリカ、イギリス、オーストラリアのプログラムが放映され、普段からニュージーランド人はそれぞれの違うアクセントの英語をテレビや映画で聞きなれています。また移民や観光旅行者の多い国なので、ヨーロッパ系のドイツ、フランス、オランダ訛りの英語、インド訛りの英語、中国訛りの英語、日本語訛りの英語などいろんなアクセントの英語に出くわします。
そのためかニュージーランド人はどんな強いアクセントの英語も聞き分け、オーストラリアとのささいな英語の違いもきちっと聞き分けています。

キウイ英語VSオーストラリア英語

何かと両国はライバル視しあっているところがありますが、それはお互いの英語にまで及んでいます。
オーストラリア人は、「キウィ英語があーだ、こーだ(失笑)…」、一方のニュージーランド人も「オージー英語はあーでこーだから(失笑)…」といった風にお互い自国の英語の方がいいとやりあっています。
簡単な例でいえば、

オ―ジー「キウィは、英語のシックス(6)をサックスと発音する」といえば、キウイは、「オージーは、セックスと発音するじゃないか」と、いった具合です。他の国の英語圏の人にとっては、オーストラリア英語とニュージーランド英語は、区別出来ない程似ているそうです。しかし、やっぱり違いはあるのでその些細な違いがオージーとキウイにとっても重要な違いなんですね…。

よく聞く主な発音の特徴をご紹介します。

以下の例はよく聞くものですが、キウイに「Pinを取ってください」と言われたから、pin(髪留めに使うヘアピン)を渡したら、「そうじゃなくて、Pen(ボールペン)だ」と言われて、ちょっと困惑したって話を聞いたことはありますし、Fish&chips(フィッシュアンドチップス)がファッシュアンドチョップスという発音になっているのも有名な話です。

”e”は、”エ”ではなくて、”イ”の発音に近いです。

・get(ゲット) → ギット
・met (メット)→ ミット
・lever(レバー)→ リバー
・pen(ペン)→ ピン

”a”という母音の発音は、”ア”ではなく、”エ”に近くなります。

・happy (ハッピー)→ (ヘピー)
・man(マン) → (メン)

キウイ特有の単語

現地で生活をしているとキウイが当たり前のように使う単語がキウイの造語だったり、日本で使っていた意味と違うものがあることに気付くと思います。以下はそんな単語の一例です。
・jundal…サンダル
・speedo…男性用の水着
・cider / apple cider…りんごの発泡性のアルコール飲料
・tog…水着
・lemonade…炭酸飲料ソフトドリンク(メーカー名でいうと、コカ・コーラ社のスプライトやL&Pなどにあたり、一般的にはこれらブランドを指す場合が多いです。)
・fizzy drink…炭酸飲料の総称として使われるますが、lemonadeを指して使う人もいます。
・Chilly bin…クーラーボックス
・Chippie…ポテトチップス、フレンチフライ
・Gidday / g’day…Good dayあいさつ(インフォーマルな)として使われる。

省略英語

いろいろな場面で省略された英単語にも出くわします。以下ではその一例です。
・barbecue → barbie (バービー) バーベキュー
・biscuits → bickies (ビッキー) クッキー
・breakfast → brekkie (ブレッキー) 朝ご飯
・ta → thank you (タ) ありがとう
・uni → univercity (ユニ) 大学
・Cup of tea→ cuppa (カッパ) 紅茶

よく耳にする表現

sweet as (スイートアズ)

基本的には、ok、Yes、agree、という意味合いで使われ、 本当に日常会話でよく使われています。
I’m going to go for a walk. (散歩に行こうと思うんだ)
Sweet as. (いいね。分かったよ。)

She’ll be all right. (シールビィ オールライト)

これも本当によく聞きます。会話に返答するときに使います。いろんなシチュエーションでだいじょうぶ、という意味で使っているようです。相手に対して、安心させる、心配いらないよ、という感じです。ケーキ作っているときに、ちょっと失敗したかも、なんて、こぼしても、たいていは、She’ll be all rightといって返してくれます。
Do we have enough petrol to get to Auckland? (オークランドまでガソリンちゃんとあるかな?)
She’ll be alright.(だいじょうぶ)

No worries (ノーウォーリーズ)

you’re welcome.どういたしましてと同じ意味合いです。他にも、気にしないで、大丈夫、といったシチュエーションでもよく使われます。

Sorry I just spilled coffee on you. (ごめん、コーヒーこぼしちゃった。)
No worries! (大丈夫、気にしなくていいよ。)

Good on ya(you). (グッドオンヤ、グッドオンユー)

相手が何かしたことに対して、「お、(君にとって)いいね、よかったじゃん」とほめる場合で使われます。
I bought new clothes.  (新しい服買ったんだ)
Good on ya.(よかったね)

yummy (ヤミ―)

Food that is tasty.  食べ物が美味しいと同じ意味合いです。yum-yumとか Yummy!といった感じで使われます。
子供が使う言葉とされがちですが、大人にも広く使われるようになっています。

“yeah, nah” (イエーナァー)

返答を求められた際に、「Yes…、やっぱり…No」って感じのあいまいな表現です。
Are you come with me to a shopping mall? (買い物行くけどあなたも来る? )
Yeah, nah – Im tired right now. (んーいやー。疲れてるからやめとくよ。)

“aye” (エイ)

会話の文末について、軽く同意を促す感じで使われています。
It’s sweet, aye?(それいいね。)
catch up soon, aye?(近いうちに会おうね。)

Koha (コハ)/マオリ語でgiftの意味

無料で開催されるイベントなどで箱にKohaと書かれた寄付金用の箱が置かれていたり、無料のヨガクラスの中でも、レッスン料は無料だけど、Kohaをよろしくね、というのがあります。たまに、Gold Kohaと指定されることもあります。(硬貨の寄付でもいいですが、10セントや20セント50セントなどではなく、硬貨の色は、ゴールドで。つまり、1ドル、2ドル以上の寄付を意味しています。)

ポチっとしてくれたら励みになります! → 
にほんブログ村

関連記事

唯一日本からNZへ出ている直行便!

インターシティバス 検索

ピックアップ記事

2018年ニュージーランド航空、世界の安全な航空会社20に選出。

Photo by Ross Parmly 航空会社や航空機を評価するサイト、エアライン・レーティングス(AirlineRatings.co…

日本からニュージーランドへの直行便まとめ

今のところ、日本からのニュージーランドへの直行便が出ているのは、ニュージーランド航空のみになります。 他国への経由をしたりするのが面倒な方…

ニュージーランドを国内長距離バス (インターシティ バス)で1人旅に出かけよう!

ニュージーランドは、長距離バスの交通網が発達しているので全国主な観光地へは、長距離バスでアクセスができ大変便利です。特に気ままにひとり旅をし…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る