フラットの探し方について

idea-look生活情報
idea-look

一つの家に数人が一緒に住み同じ住居の中で生活をすることをアパートの場合はフラットシェア、一戸建てはハウスシェアといわれます。各住居人が専有ルームを持ちますが、リビングルームやキッチン、シャワー、トイレなどは共用です(シェア)。日本ではあまり一般的ではありませんが、ニュージーランドの学生やワーホリなど長期滞在目的でこの国を訪れる人にとっては一般的な滞在形態です。そして一緒に生活する仲間をフラットメイトやルームメイトなどといいます。多くの方がホストファミリーでの生活を終え、海外の生活に慣れてからフラット生活に移るのがよくあるパターンです。自分の生活スタイルや収入を考えてフラットを探しましょう。

フラットの特徴について

それぞれの住居人が別々の生活をしているので、気軽な一人暮らしのような自由な生活が送れます。かといって、完全に一人暮らしではないので住居人に迷惑をかけないようにしないといけませんし、残念ながら迷惑をかけられることもあります。同居人とは良い関係が築けるようにしたいものですね。

Bond(ボンド)とは

物件を探すときに、かならずBondというものを目にすると思います。
これは、保証金といわれていますが、日本でいうところの敷金です。金額としてはだいたい2週間分ほどの費用が目安ですがオーナー次第でもあります。入居の際に支払いますが、退去するときに戻ってくるのが一般的です。
ですが、基本的にはフラットオーナーと交わす契約書にある通りですので、それに同意をすればそれに従わなければなりません。ちなみに契約書などを交わさない口頭のみのフラットもありますので、できるだけトラブルにならないように気を付けましょう。

探し方

●人から情報を得る

友達や語学学校のスタッフ、キウィの知り合いなどにフラットを探しているから何かいい情報あったら教えてほしいと、伝えておくとよいでしょう。思わぬところからいい物件がみつかることもありますよ。

●バックパッカー、学校、スーパーの掲示板

学生や長期旅行者が集まる場所にある掲示板にはフラットメイトを募集している情報があります。大学や学校近くのスーパーやバックパッカーなどは特にそういった情報に巡りやすいでしょう。

●現地の新聞

ローカルの新聞には、trade&exchage などの売買不動産関連の情報が載った紙面がありますので、そういったところから情報を得ることもできます。ローカル紙は無料ですのでこちらにも目を通しておくのもよいでしょう。

●ウェブサイトから

Trade me でFlat mate wanted などの検索ワードで検索すればたくさん出てきますので、自分の条件にあったフラットを探しましょう。
また、Flatmates Wanted Wellington という、フェイスブックのグループもありますのでそういったSNSの活用もおすすめです。ちなみにオークランドやクライストチャーチ版もあるので一度みてみるとよいでしょう。

気に入った物件を見つけたら連絡をとりましょう。

良さそうなフラットを見つけたら、まずはその情報発信の相手(フラットオーナー)に連絡をとって、実際にフラットを見に行きましょう。お互いに気にいれば入居することになります。そう、ここで、ポイントなのが「お互いに」気に入らなければならないのです。人気のあるフラット先には、もちろん他の入居希望者も見学にきます。
あなたがそこのフラットにどうしても住みたくても結局はオーナーが入居の可否を決めることになります。
ライバルが他にもいることを忘れずに、フラット見学時にはオーナーにいい印象を与えるようにすることも忘れないでください。

物件を見に行く手順

各物件には、必ず連絡相手先が記載されていますので、気に入った物件を見つけたらできるだけ早く連絡を取りましょう。

(1)フラットオーナーと電話やメール、携帯テキストなどでやり取りをして見学する日時を決める。

できれば、夜などではなく日中に訪問するのがよいでしょう。部屋の日当たりもチェックできますし、夜の暗がりの中では初めての場所を探すのは手間なうえ、安全面でもお勧めしません。
また、住所は、番地まできちんと確認しましょう。英語での電話で正確な住所が聞き取れずに電話をきってしまっては元も子もありません。聞き取りづらかったところは聞き直し、相手にスペルをきちんと確認しましょう。

(2)友達や誰か付き添いの人と行くとよいでしょう。

初めてフラットを見学に行くときは、すでにフラットで住んでいる経験者やキウィの知り合いなど付き添いを頼むと安心して見学に挑めると思います。
誰かと一緒に行くことで自分だけでは気づかなかったことに気付いてくれるかもしれません。
オーナーとの会話に緊張して、肝心の部屋などをしっかり見ることができなかった、なんてこともありますし、何より知らない人の家に行くのですから用心の意味もあります。

確認事項

入居してから話が違う、ということがないようにできるだけ事前にいろいろ不明点を洗い出し、すべてを納得したうえで入居できるようにしておきましょう。

・フラットの料金に含まれるもの、含まれないもの
(電気・電話・インターネット・水道・共有の消耗品(トイレットペーパーや洗剤)などの物品費)
・フラットメイトの人数、性別
・最低滞在期間もしくは最長滞在期間の制限などあるのか
・Bond(保証金)は払う必要があるのか、またそれはいくらなのか。
・Bond(保証金)の返金に条件はあるのかどうか。
・フラットのルールなどはどういったものがあるのか。(共用部分の確認とその掃除、ゴミ捨てなど)
・家賃の支払い方法
・入居時の家賃はいくら払うのか。(2週間分のBond(保証金)と2週間分の家賃を前払い、などオーナーにより様々です。)
・退去時のルールはどういったものか

など気になることは必ず確認しましょう。

フラットを退去するとき

法律で定められていることですが、フラットを出るときは事前に通知をする義務があります。その期間は21日前となっているようですが、事前にオーナーに確認しておきましょう。

ニュージーランド航空、期間限定セール!エコノミーが8万9000円~。
2019年の12月16日から来年2020年の7月15日出発分が対象の期間限定セールが始まりました。(ニュジーランドの夏~秋~冬の期間に該当します。) ※セールは、2019年12月16日(月)まで!お見逃しなく!
 期間限定セール!
セール価格 エコノミー89,000円*~
セール価格 プレミアム・エコノミー194,000円~
セール価格 ビジネス・プレミア299,000円*~

ニュージーランドには行ってみたいけど、どこに行けばいいのか、決められない方に!

世界各地の旅行プランあり。 ニュージーランドのどこへ行こうか、何をしようか、旅行プランが全くない方!もしくは行く予定だけど、計画立てるのがちょっと面倒…。 おすすめの旅行プランを作ってくれたら楽だな…、なんて思っている方、いらっしゃいませんか?! そんなあなたに、ニュージーランド旅行プランの提案が受け取れるタウンライフ旅さがし「海外旅行プラン一括依頼サイト」というサービスがおすすめです。 必要事項をフォームに入力して、無料で問い合わせることが出来ます。せっかくの旅行をより充実したものにするために海外旅行のプロの意見を参考にしてみてはいかがでしょうか。 利用の流れ海外ハネムーンやリゾート旅行のプランも無料です☆
生活情報
スポンサーリンク
ニュージーランド ダイアリー
タイトルとURLをコピーしました