ニュージーランドのネーピアの国立水族館。サメと一緒に泳いだり、訳ありペンギンに会いに行こう。

ネーピアといえばアールデコの可愛らしい建物で有名ですが、このネーピアには、ニュージーランドで唯一の国立の水族館/National Aquarium of New Zealandがあります。この水族館は、海沿いのマリンパレードに位置しており、町の中心からは歩けば15分くらいはかかってしまいますが、天気の良いには、気持ちの良い散歩コースにもなりますし、レンタサイクルを使って行くのもリフレッシュできておすすめです。

ネーピアにある国立水族館

国立水族館と聞けば、大きな水族館をイメージする方もいらっしゃるかもしれませんが、実はそんなに規模の大きな水族館ではありません※。ですが、こちらで出会える動物たちは、魚だけでなく、キウイ・バードやトゥアタラ、ワニ (アリゲーター)など、ユニークなものが揃っています。キウイ・バードが見られるのは、ニュージーランドならでは、といった感じですね。
この水族館では、魚たち (大きな種類では、サメやエイなど) が泳ぐ大きな水槽の中にガラス張りのトンネルが約50メートルくらい作られていて、そのトンネルを歩きながら魚たちが泳いでいる様子を眺めることが出来ます。
トンネルを歩きながら魚たちを下から見上げる形になり、まるで水中にいるかのような気分を味わうことが出来ます。こちらで用意されているアクティビティの中には、サメと一緒に泳ぐ/Swim with the Sharks というものがあります。ウェットスーツ、シュノーケル、フィンを付けて実際に水槽の中に入り、サメやエイ、タイといった魚たちを間近で見ることが出来ます。およそ30分間、120ドルとなっています。ドキドキハラハラのスリルを味わってみたい方はぜひ、挑戦してみてください。
2019年から拡張工事が予定されています。予定通りに進めば、2021年には、国立水族館が新たにオープンすることになります。

訳ありペンギン

水族館での人気者といえば、愛らしいペンギンが浮かびます。もちろん、こちらの国立水族館にも愛らしいペンギンがいるんですが、この国立水族館で飼育されているペンギンたちは、捕獲者による攻撃で目を失ったり漁業用の釣り編みに巻き込まれて翼にケガを負うなど、傷つき保護された過去を持っています。
そんな大変な傷を負ったペンギンたちが国立水族館での保護を受けて回復し、元気な姿を見せているのを私たちは目にすることが出来ます。

元気になった保護ペンギン

まず、ペンギンエリアに入ると壁面にある色々なパネルに気づくと思います。飼育されているペンギンたちが保護されるに至った経緯や環境保全についての説明などがあります。
その中でも月間で発表される、【Naughty and Nice penguins/いたずらっ子とよい子のペンギン】は必見です。

毎月、いたずらっ子といい子のペンギンがとても微笑ましいエピソードと一緒に発表されています。7月度をご紹介すると、7月のいたずらっ子は、Flip/フィリップ。どうやら体重を測る日に飼育員さんから逃げたそうな。
いい子は、Burny/バーニー。他のペンギンMo/モーに対して魚を奪いかえしたところが評価されたよう。※おそらく以前、Mo/モーに魚を奪われたことがあるバーニーにとっては、仕返しみたいな感じでしょうか。いい子なのか?と思っちゃいますが、飼育員さんのジョークでしょうね。
過去には、Timmy/ティミーが魚を盗んで他のペンギンを押し倒して月間いたずらっ子に、Betty/ ベティーが泳ぐのがとても上手でエサを辛抱強く待てたということでいい子に選ばれるなどしているようです。
たっぷりの愛情をもってペンギンたちと接しているんだなーと思わず笑顔になってしまいますね。ネーピアの国立水族館に行かれた際は、ぜひ、ペンギンエリアで【Naughty and Nice penguins/いたずらっ子とよい子のペンギン】をチェックしてみてください。
ちなみに、ペンギンたちのエサの時間は、9時半、13時半、15時半となっているのでこの時間を狙うのがおすすめです。

ニュージーランド国立水族館/National Aquarium of New Zealand

チケット:大人22ドル、小人11ドル(3歳~14歳)。詳しくはこちらから

ニュージーランドにあるその他の水族館には、オークランドのケリー・タールトンズ水族館(Kelly Tarltons SEA LIFE Aquarium)、ピクトンのエコワールド水族館(EcoWorld Aquarium and Terrarium)があります。興味のある方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

▼参照
https://www.newshub.co.nz/home/new-zealand/2018/07/national-aquarium-of-new-zealand-continues-to-nominate-monthly-naughty-and-nice-penguins.html

ポチっとしてくれたら励みになります! → 
にほんブログ村

関連記事

唯一日本からNZへ出ている直行便!

インターシティバス 検索

ピックアップ記事

2018年ニュージーランド航空、世界の安全な航空会社20に選出。

Photo by Ross Parmly 航空会社や航空機を評価するサイト、エアライン・レーティングス(AirlineRatings.co…

日本からニュージーランドへの直行便まとめ

今のところ、日本からのニュージーランドへの直行便が出ているのは、ニュージーランド航空のみになります。 他国への経由をしたりするのが面倒な方…

ニュージーランドを国内長距離バス (インターシティ バス)で1人旅に出かけよう!

ニュージーランドは、長距離バスの交通網が発達しているので全国主な観光地へは、長距離バスでアクセスができ大変便利です。特に気ままにひとり旅をし…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る