ニュージーランドでファームステイ

ニュージーランドといえば、まずは羊!そして広大な農場(ファーム)をイメージする人がほとんどではないでしょうか。せっかくニュージーランドに行くのだから、ファームステイを一度は体験したいという方、オークランドやウェリントンからの都会から離れた田舎での暮らしを体験したいという方、ぜひチャレンジしてください。大都市とは全く違ったニュージーランドを満喫できるでしょう。
ファームステイをするのに手っ取り早いのは、ウーファーになることだと思います。ここでは、ウーファーについて説明をしたいと思います。

WWOOF(ウーフ)について

WWOOF(ウーフ)は、有機農家と農家で働きたいという人と人をつなぐ団体です。一般的に農家側をホスト、働く側をウーファーと呼びます。そしてウーファーとして働くこと、また、それをしながら各地を旅してまわることをウーフィングと言います。ウーファーは、一日に4~6時間の労働をし、その代わりにホストは宿泊先と食事を提供します。その仕事の内容はさまざまです。
羊や牛の世話だけでなく、種をまいたり、ガーデニングや植物を植えたり、木をきったり、草むしりだったり、フルーツの収穫だったり、フルーツのパック詰め、動物の餌やり、農場の周りにフェンスを作ったり、ワイン作りだったり、ホスト先によって多岐にわたる仕事を体験できるでしょう。
色んな経験と文化交流をできることがファームステイの魅力です。
酪農大国ニュージーランドのファームでの生活がどのようなものなのか、実際に体験してみましょう。

WWOOF New Zealand WWOOF(Willing Workers On Organic Farms.)

加入には入会金($40~)が必要です。気に入った農家を見つけてメールや電話のやり取りをして、滞在期間などを交渉します。
別途費用を払えば、200ページは超えるであろう分厚い冊子を購入できます。すべてのホストの詳細が載っているので、インターネット環境のない農家で滞在中、次のホストを探すときなど便利です。受け入れ先のホストは世界中からウーファーを受け入れているので、異文化コミュニケーションに長けている人が多いと思います。分かりやすく話をしてくれたり、時には他の国からのウーファーと一緒に生活をする機会もあるでしょう。
ウーフィングを通してたくさんの新しい経験をつみ、色んな人々に出会え、あなたの貴重な時間を充実したものにできるはずです。
詳しくはこちらhttps://wwoof.nz/

関連記事

ポチっとしてくれたら励みになります! → 
にほんブログ村

関連記事

唯一日本からNZへ出ている直行便!

インターシティバス 検索

ピックアップ記事

2018年ニュージーランド航空、世界の安全な航空会社20に選出。

Photo by Ross Parmly 航空会社や航空機を評価するサイト、エアライン・レーティングス(AirlineRatings.co…

日本からニュージーランドへの直行便まとめ

今のところ、日本からのニュージーランドへの直行便が出ているのは、ニュージーランド航空のみになります。 他国への経由をしたりするのが面倒な方…

Miramer

ニュージーランドの映画史と代表作品ピックアップ

1990年代以降、急速にニュージーランドの映画産業は、注目を浴びるようになってきました。その火付け役となったのは、ご存知のとおり、ピーター・…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る