ニュージーランドダイアリー

ニュージーランドの現地ニュースや旅行やビザに関する情報まで色々発信しています。

スポンサーリンク

ニュージーランドの気候

NZ基本情報

ニュージーランドは、1年のうちに四季があるというよりも、1日の中に四季があると言われます。ここでは、ニュージーランドの気候をご紹介します。

ニュージーランドの気候概要

南半球にあるニュージーランドの気候は、大きく北島と南島に分けて考えることができ、日本と違い、北に行くほど気温は高く(暖かく)、南に行くほど気温が低く(寒く)なります。年間で最も気温が高く、暖かいのは、1月~2月(ニュージーランドの夏)。気温が低く、寒いのは、7月~8月(ニュージーランドの冬)です。
幸いなことに、ニュージーランドは、際立ってうだるような夏の暑さも-10℃や-20℃という凍えるような冬の寒さもなく年間を通して過ごしやすい比較的穏やかな気候です。
ただ、程度の差こそあれ、夏でも冬でも朝は肌寒く、日中は温かく、夕方には涼しくなり、夜は寒くなるというような、一日の中での温暖差があるため、気温に合わせて服装の調整はこまめにして体調管理をしなければなりません。1日の中に四季があると言われる所以は、ここにあるわけですね。

春 (9月~11月)

ニュージーランドの気候。
春は、北島、南島問わず、天候が変わりやすい時期でもあるので注意が必要ですが、木々が芽吹いてカラフルな花が咲きだす時期で晴れの日は特に爽やかさを感じる時期です。
日中平均気温:16℃~19℃
(参考:東京/春(3~5月):4.2℃~25.1℃)

ニュージーランドの春
ニュージーランドの春は、9月~11月です。冬の寒さが和らいで、だんだんと日中の暖かさが増してくる時期です。気温が暖かくなるにつれて、カラフルな花も咲きだして春の訪れを感じることが出来ます。ただ、時折、冬のぶり返しのような寒い日があるので注意...

夏 (12月~2月)

ニュージーランドの気候。
夏は、北島、南島問わず、雨が少なく、湿度も低くカラッとした暑さが特徴です。一年のうちで最も晴天の多いのがこの時期で、過ごしやすい気候のため観光客も多く訪れます。
日中平均気温:20℃~25℃
(参考:東京/夏(6~8月):18.5℃~31.8℃)

ニュージーランドの夏
最もニュージーランド人が好きな季節といえば、何をおいてもやっぱり夏。湿度が低く、カラッとした気持ちの良いニュージーランドの夏は、クリスマスや新年を迎えるなど楽しいイベントが盛りだくさんで一年のうちで最も盛り上がるシーズンです。また、この時期...

秋 (3月~5月)

ニュージーランドの気候。
秋は、北島、南島問わず、夏の名残りをしばらく楽しみつつもだんだんと夜の寒さが強くなってくる時期ですが良好な天気が続きます。
街路樹が黄金色に染まり出す頃より一層、秋の訪れを感じることが出来るでしょう。
日中平均気温:17℃~21℃
(参考:東京/秋(9~11月):7.9℃~26.8℃)

ニュージーランドの秋
ニュージーランドの秋は、3月~5月。観光客で賑わう夏が終わり、落ち着きをみせる頃ですので、多くの観光客でバタつく時期を避けたい方にはおすすめです。 また、ニュージーランドの秋といえば、街路樹が黄金色に染まる美しい景色が有名。サイクリングな...

冬 (6月~8月)

ニュージーランドの気候。
冬は、北島、南島問わず、気温が下がり、一年の中でも降水量が最も多くなり湿気が多くなる時期です。

南島での積雪は珍しくなく、世界でもトップクラスのスキー場があるほどです。北島の中央エリアでの積雪は見られますが、それ以外の場所ではほとんど雪は降らず、北に行けば行くほど冬と言えども温暖なエリアがあります。
日中平均気温:12℃~16℃
(参考:東京/冬(12~2月):1.7℃~12.1℃)

ニュージーランドの冬
ニュージーランドの冬は、6月~8月の間です。その間、日本といえば暑い夏の真っただ中ですよね。夏休みを利用して、とにかく暑い日本を抜け出して涼しいところへ行きたい方やスキーやスノーボードでリフレッシュしたいとお考えの方、結構いらっしゃるのでは...

参考気温として記載している東京の気温は、2017年の気象庁東京の気温から引用しています。