ニュージーランドダイアリー

ニュージーランドの現地ニュースや旅行やビザに関する情報まで色々発信しています。

スポンサーリンク

ニュージーランドのグレートウォークがさらに増える予定!?

トランピング

ニュージーランドは、北島、南島とで異なる自然環境、風景が見られるユニークな国土をもっています。北島では、山地は少ないものの、火山活動の活発な地域があったり、険しい渓谷のある大きな川、国内最大の湖などを有しています。南島においては、南アルプス山脈を境に東西で景観が違っています。東側は平野が広がり、西側は原生林が広がり、氷河もあるなど太古の自然を残している未開拓の地が今なお随所に見られます。

このようないろんなタイプの大自然の魅力を多く持つニュージーランドを楽しむために整備されたのがGreat Walks/グレート・ウォークと呼ばれる散策コースで、ニュージーランドの大自然を楽しみたいなら、このグレート・ウォークに挑戦するのが手っ取り早いといっても過言ではありません。

現在9つのグレート・ウォークがあり、2019年には新しく10個目のグレート・ウォークとなる、パパロアトラックが完成する予定になっています。

そしてさらに、グレート・ウォークが追加されるというニュースがでてきたのでご紹介したいと思います。

3つの新しいグレート・ウォーク候補が出そろう。

先日、環境省(DOC)により、新しくグレート・ウォークに追加する候補として3つのルートが発表されました。

現在は、9つのルートが稼働していて、10個目のルートが2019年に完成予定。2019年に新しくできるのにまだ追加を考えているの?と思うかもしれませんが、現状のグレート・ウォークは、毎年、120,000人もの利用者でパンパンな状態と言われています。夏の繁忙期になると特にそれを実感します。
多くの観光客がグレート・ウォークのコースで列をなしながらウォーキングしている様子がニュースで報じられたり、キャンプサイトはすぐに予約で埋まってしまって利用できないなどの話をよく耳にするようになります。
なので、グレート・ウォークの散策を快適に楽しめるように少しでも利用客を分散することが考えられているわけです。

現在挙げられている、3つの追加候補をご紹介します。

Te Paki Coastal Track/テ・パキ・コースタル・トラック(Northland/ノースランド)

Cape Reinga
ニュージーランドの最も北に位置する、ノースランドにあるコースです。全長48㎞あり、約3日ほどかけて、北東海岸沿いからレインガ岬を通り、西海岸へ歩きます。美しい海岸線の独特の地形を体感しつつ、レインガ岬の壮大な景色を楽しめます。余力があれば、有名な90マイルビーチを歩くこともできます。

DOCサイト:テ・パキ・コースタル・トラックについて

Queen Charlotte Track/クイーン・シャーロット・トラック(Marlbrough Sounds/マールボローサウンズ)

ニュージーランドのグレート・ウォーク。Queen Charlotte Track/クイーン・シャーロット・トラック(Marlbrough Sounds/マールボローサウンズ)
クイーン・シャーロット・トラックは、北島と南島をつなぐ、フェリーの発着場所であるマールボロサウンズにあります。
全長71㎞あり、3日~5日ほどかけて歩きます。いくつもの入り組んだ静かな海岸線や原生林の中を歩いたり、マウンテンバイクでも楽しめるコースです。

DOCサイト:クイーン・シャーロット・トラックについて

Hump Ridge Track/ハンプ・リッジ・トラック(Fiordland/フィヨルドランド)

ニュージーランドのグレート・ウォーク。Hump Ridge Track/ハンプ・リッジ・トラック(Fiordland/フィヨルドランド)
ハンプ・リッジ・トラックは、全長61㎞で3日ほどかけて歩きます。ループトラックになっており、ハイライトには、南西フィヨルドランド、南極海、スチュワート島のパノラマ風景を望むことができます。

DOCサイト:ハンプ・リッジ・トラックについて

今年中には、最終的な決定が下され、このうちいずれかのコースが、新しく11個目のグレートウォークになります。
さてさて、どれが選ばれるんでしょうか。楽しみですね。

現在のグレート・ウォークについては、こちらの記事をご覧ください。

ニュージーランドの9つのグレートウォークを紹介した動画まとめ
ニュージーランドには、DOC環境省(Department of Conservation)により選定されたトランピングルートが9つあります。とりわけ美しい景観が見られること、トラックが整備されていることが選定の基準となっています。 ...