ニュージーランドダイアリー

ニュージーランドの現地ニュースや旅行やビザに関する情報まで色々発信しています。

スポンサーリンク

第36回アメリカズカップの日程、レースコースが発表されました。

アメリカズカップ

前回大会の第35回アメリカズカップは、エミレーツ ニュージーランドの勝利で幕を閉じました。そして、現在は、次の第36回大会の準備が着々と進められています。
今回は、第36回大会の日程、コースが発表されていたのでご紹介したいと思います。

2021年 第36回アメリカズカップ

アメリカズカップ第36回大会決勝は、2021年3月6日~21日、ニュージーランドのオークランドで開催されます。

アメリカズカップは、伝統的にカップ保持者であるディフェンダーとチャレンジャーとのマッチ形式(一騎打ち)になりますので、まずは、アメリカズカップ保持者のエミレーツ ニュージーランドに対するチャレンジャー(挑戦艇)を決めるレースが2019年から世界各地でスタートします。

アメリカズカップ・ワールドシリーズが2019年~2020年、アメリカズカップ クリスマス レースが2020年。それから、2021年の1月、2月のチャレンジャー セレクション シリーズへと続きます。

このチャレンジャー セレクション シリーズは、第35回大会までは、ルイ・ヴィトンカップと呼ばれていましたが、2021年の第36回大会からスポンサーがプラダに変わったため、プラダ・カップと呼ばれるようになっています。
このプラダカップの勝者とエミレーツ ニュージーランドが決勝で戦うことになります。

気になる挑戦艇については、2018年の12月末までが参加受付の最終期限になっているので出そろったところでご紹介したいと思っています。

アメリカズカップ36回大会コース紹介

第36回のアメリカズカップはニュージーランドのオークランドで開催されるのでとても楽しみです。
第35回大会はバミューダとかなり、遥か彼方での開催だったので早々に諦めましたがオークランドならまだ行きやすいなぁ、と思っており、スケジュールが合えば会場に行こうと思っています。

肝心のコースですが、ニュージーランド最大の都市オークランド東海岸側、ハウラキ湾にあるエリアが定義されました。
レースコースは、広大なハウラキ湾を横切るように描かれた複数のエリアからなります。最終的には、ワイへケ島とマラエタイの間にあるタマキ海峡を出るコースです。下記のツイッターに挙げられていた動画で何となくコースがつかめるのではないかと思います。


また、第36回で使用されるAC75(モノハル(Mono-hull、単胴型)、75フィート(23メートル))はどういったものかは、下記の動画でイメージできるのでお時間のある方はご覧になってみてください。