ニュージーランドダイアリー

ニュージーランドの現地ニュースや旅行やビザに関する情報まで色々発信しています。

スポンサーリンク

ウェリントンのウォーターフロントでキネティック・アートが壊される。

現地情報

先日あった、間抜けな事件というか、どうしようもない人もいるんだなぁ、という事件をご紹介します。

ウェリントンのウォーターフロントにアート作品があるんですけど、それにぶら下がって壊してしまった人がいるんです。
その一部始終が下記の動画でご覧になれます。

この作品は、Water Whirler というアート作品。Whirlは、くるくる回る、渦巻く、というような意味で実際にこの作品を見ればその意味も分かるのですが、うねうねと水の動きに合わせて不思議な動きをします。さらに、時間帯によって水が噴き出すユニークなアート作品でした。

ウェリントンのウォーターフロントにあるキネティック・アート。レン・ライ。

男性は、どうしてもよじ登りたい衝動を抑えきれなかったんでしょうね。多くの人が観ている中で作品によじ登り、作品は、人の重さに耐えきれずに、根元からぽきりと折れてしまいました。そして彼は、頭に怪我をして血が出ているところを助けられていました。
恥ずかしいし、情けないですね…。

ウェリントン・カウンシルからは、この作品をウォーターフロンに設置するまで色んな調査や調整で4年もかかったというのに、21秒で破壊されてしまったと嘆きのメッセージが寄せられていました。
無念極まりない、という気持ちがひしひしと伝わってきますね。

ちなみにこの作品は100万ドル(NZD)で設置され、これまで幾度も修理されつつきたそうですが、根元から壊れてしまっては、修理できるんでしょうか?また器物損害で罰金とかどれくらいになるんでしょうかね…。今後、意図的に損害を与えたということで裁判所に出頭することになっているようなのでどうなるのか見届けたいと思います。

キネティック・アートならレン・ライ

この作品は、クライストチャーチ出身のアーティストでキネティックアート(動く美術作品)で有名なレン・ライ(Len Lye)によって作られた作品。
ニュージーランドでは、割といろんな公共エリアでレン・ライによるアート作品が設置されているのを見かけます。
レン・ライの作品はニュープリマスのレン・ライ・センター(Len Lye Centre)にコレクションが多数集められていますので興味のある方はぜひ。

ニュープリマスのあるタラナキ地方は、きれいな円錐形の形をしたタラナキ山が特に有名ですが、他にもアートやガーデニング、サーフィンのメッカでもあるたいへん楽しみがいのあるところです。ぜひ、訪れてみてはいかがでしょうか。

世界で2番目に行きたいところ。ニュージーランドのタラナキ地方
Photo:By Andrew Smith ニュージーランドの北島にあるタラナキは、ロンリープラネットが発表していた、『2017年に訪れたい海外旅行先(地域)トップ10』の中で、世界各国の数多くの旅先から第2位に選ばれるなど注目度が増して...

▼Water Whirlerについて詳しくはこちら(英語)
http://www.sculptures.org.nz/tours/waterfront-tour/water-whirler
https://www.sculpture.org.nz/the-sculptures/water-whirler