ハリー王子とメーガン妃のニュージーランド訪問

現地情報

サセックス公爵夫妻、と言われても誰のことか、すぐに浮かばないかもしれませんが、英国のハリー王子とメーガン妃、といえばお分かりですよね。2018年5月19日に結婚されたばかりで、世界的にも大変注目されていましたよね。そんなお二人が、10月28日~11月1日の5日間、ニュージーランドに公式訪問していました。ニュージーランドは、英国連邦の構成国でもあるので、英国王室にはとても好意的であるのは、知っていましたが、それにしてもお二人の訪問の様子が毎日テレビで放映されて、テレビ番組もかなり時間をとったプログラムが多く、かなりのフィーバーぶりでした。

どんな行程だった?

10月28日にウェリントンに到着し、エイベルタスマン国立公園→ロトルア→オークランドの順で訪問地を訪れたようです。

▼10月28日(日)ウェリントンに到着。Pukehau National War Museumでの式典に参加。

▼29日(月)
ウェリントンのLyall BayにあるMarenui Cafeに立ち寄り、朝食をとり、その後、南島のAbel Tasman National Parkへ。

▼30日(火)
オークランドにて、Pillarsというチャリティー団体、ヴァイアダクト、オークランドミュージアムなどを訪れています。

▼31日(水)
最終日の31日には、ロトルアへ。マラエ(Te Papaiouru Marae)やレインボースプリング、ガバメント・ガーデン、レッドウッド・ツリーウォークなどへ訪れています。

▼11月1日(木)
ウェリントンからオーストラリア経由で帰国の途についたそうです。

セックス公爵夫妻の訪問箇所に、やはり、ロトルアが入っていましたね。ニュージーランドといえば、やっぱり、ロトルアなんでしょうが。

その訪問の中でも個人的に印象に残ったのは、ロトルアでメーガン妃にプレゼントされたアクセサリー。ロトルアといえば、マオリ文化。マオリ族伝統のグリーンストーンで作られたアクセサリーがプレゼントされるのも納得ですね。

グリーンストーンといえば、ニュージーランドのお土産屋さんに行けば必ずある定番の品。アクセサリーや飾り物などいろいろなものに加工されます。それぞれのデザインに意味が込められているので、贈り物に最適。南島にあるホキティカに行けば、たくさんの工房があって職人さんが直に造っているところを見学できたり、種類も豊富なので選びがいがありますよ。

マオリ文化を代表的するグリーンストーン(ジェイド)で作られるアクセサリー の魅力
ニュージーランドのお土産で思いつくのが、グリーンストーンで作られたアクセサリー。美しい緑色の石を削って作られたものでニュージーランド各地のお土産屋で必ず見かけます。 英語では、Jade(ジェイド)、マオリ語ではPounamu(ポウナム)、日本語では翡翠(ヒスイ)とよばれます。

▼参照
https://www.newshub.co.nz/home/entertainment/2018/10/royal-tour-where-to-see-prince-harry-and-meghan-while-they-re-in-nz.html

ニュージーランド航空 正規割引運賃 ※2019/6/11 調べ
ニュージーランド航空は、成田からオークランドへ直行便を毎日運航。ニュージーランドが春夏を迎える2019年10から2020年3月の間は、関西からもオークランドまで、直行便を運航します。
 東京・大阪発 オークランド行き
エコノミー114,000円*~
プレミアム・エコノミー239,000円*~
ビジネス・プレミア409,000円*~
ニュージーランド航空 早期予約で割引があります!
プレミアム・エコノミーとビジネス・プレミアは、 早期予約で割引があります! 出発日の50日前までの予約でプレミアム・エコノミーが20,000円もおトク!ビジネス・プレミアなら55,000円もおトク!
現地情報
スポンサーリンク
ニュージーランド ダイアリー
タイトルとURLをコピーしました