ニュージーランドダイアリー

ニュージーランドの現地ニュースや旅行やビザに関する情報まで色々発信しています。

スポンサーリンク

インスタ映えで有名なワナカにあるロイズ・ピーク。その裏話。

南島

ニュージーランドに限らず、あらゆるところできれいな景色や可愛い、美味しいといった日常から非日常のことまで、写真や動画にするのがもはや当たり前のようになっている昨今。
インスタ映えの名所として人気のニュージーランドのワナカにあるロイズ・ピークについてのニュースがありましたのでご紹介します。

ロイズ・ピーク(Roys Peak)って?

ロイズ・ビークは、ニュージーランドの南島、ワナカにあるトレッキング・コース。往復16㎞でだいたい5~6時間での踏破が目安とされています。
頂上まで1578mの道のりをひたすら上ります。比較的容易なコースではありますが、行きは常に登りなので大変かもしれません。

それでも、頂上からの絶景を見るためにみんな必死で登ります。

頂上からは、ワナカ湖と国立公園のマウントアスパイアリング (Mt Aspiring)、ワナカにあるカードローナのスキー場までぐるっと一面見渡すことが出来ます。

この山頂からの景色がたまらなく美しく壮大なもので多くの人を魅了しており、そこで撮られた写真がSNSで広がり、多くの観光客の知るところとなっています。

ロイズ・ピークについて詳しくは、こちらのDOCのサイトへ(英語)

ロイズ・ピーク(Roys Peak)の人気ぶりは、かなりのものになっています。

ロイズ・ピークで撮られる写真は、下記みたいな構図のものがほとんどだと思います。こちらは、冬の時期に撮られたものですが、この場所がやっぱり、写真映えするため、みんなここで撮りたがります。

ところが最近では、ココで撮るために行列になっているみたいです。こんなになるほど人気が出ているとは思いませんでした。
頑張って上って、”特定の”頂上の絶景ポイントで写真をとるためにここまで列が並ぶとは、ちょっとうんざりしてしまいますね。
行列の並ぶ前でポーズとるのも気が引けますし…。

でも、せっかく頂上に着いたからには記念に写真なり、動画なり撮りたいですよね。

ということで、ロイズ・ピークの人気は相当に加熱しておりますので、こちらに挑戦する方は、時期や登るタイミングがかなり、キーポイントになってくると思います。
人が少なめの朝早めに挑戦したり、夏は観光客も多くなるのでその間は、避けるかある程度、覚悟するか、人がかなり少なくなるであろう、冬を狙う、といったところでしょうか。冬は冬で雪景色が広がるので美しいですよ。ニュージーランド政府観光局のツイッターみたいな景色がひろがっています。
ただ、冬の場合は、夏よりも、服装やトレッキングブーツや持ち物などしkっかり準備をして挑戦してくださいね。

▼参照
https://www.nzherald.co.nz/travel/news/article.cfm?c_id=7&objectid=12166932