ニュージーランドダイアリー

ニュージーランドの現地ニュースや旅行やビザに関する情報まで色々発信しています。

スポンサーリンク

クイーンの名曲をマオリ語バージョンにしたらこうなります。

マオリ文化

By MTV International – Bohemian Rhapsody Cast
先日、第91回アカデミー賞授賞式が開催され、主演男優賞、編集賞、録音賞、音響編集賞の4部門を「ボヘミアン・ラプソディ」が受賞したことが発表されました。

映画『ボヘミアン・ラプソディー』

映画『ボヘミアン・ラプソディー』は、世界的に人気のロック・バンド Queen(クイーン)とそのボーカル、フレディ・マーキュリーに焦点を当てた伝記作品。2018年の秋に公開されたこちらの作品、ご覧になった方も多いと思います。
クイーンのことはよく知らなくてもクイーンの楽曲、ボーカルのフレディ・マーキュリーの歌声を全くきいたことがないという人は、ほとんどいないのではないでしょうか。
本作は、クイーンのファンにとっては、たまらない作品だったと思いますが、クイーンを知らない世代の人々を新たにファンにしてしまうようなクイーンの魅力たっぷりの素晴らしい内容でもあったと思いました。

クイーンの名曲をマオリバージョンにしたらこうなります。

この誰もが知っているであろう、クイーンの名曲、Bohemian Rhapsody/ボヘミアン・ラプソディをマオリ語でカバーしたグループが紹介されていたのでそちらの動画をご紹介します。

映画が話題になっているのもあいまって、こちらが披露された会場では、大盛り上がりだったそうです。多くの聴衆がマオリ語でのボヘミアン・ラプソディ―を聴く機会があるとは想像だにしなかったのではないでしょうか。
ニュージーランドでは、マオリ語が公用語でもあるのですが、流暢にマオリ語を使える人はそう多くはないので、こういった誰もが知っているメロディーに習得したい言語で歌うのもいいですね。マオリ語と英語歌詞を突き合わせてマオリ語の勉強をしてみたくなるような、マオリ語に興味が出てくる画期的な取り組みだなぁと思いました。