ニュージーランド、2019年10月からIVL(観光税)導入&入国の際にETAも必要!

ビザ

2019年の10月1日からニュージーランドに入国の際にETA(Electronic Travel Authority/Eビザ)とIVL(International Visitor Conservation and Tourism Levy/観光税)の徴収が始まります。

ニュージーランド政府は、ETA導入で入国者を事前に審査することで入国者とその数の把握がしやすくなり、入国時にかかる手間も減らせ、セキュリティ強化にもつながると考えています。
IVLは、ニュージーランド滞在中の観光インフラや自然環境保護について海外からの観光客の方からも直接的に費用をいただいて貢献いただこうというところですね。
ここでは、2019年10月1日から必要になるETAとIVLをご紹介します。

ETAが必要な人

ビザ免除プログラムに参加している国からの入国、トランジットする方。
⇒これまで、短期滞在の場合、ビザ(査証)なしでニュージーランドに入国することを許可されている国『ビザ免除プログラム参加国/visa waiver countries』からの入国にETAが必要になるということです。ということで、日本からの場合、ETAが必要になります。

・ビザ免除国またはトランジット ビザ(通過査証)の免除国のパスポートを携行し、ニュージーランドのオークランドを経由(乗り継ぎ)して他の目的地を目指す場合も必要。→NZがただの経由地の場合でもETAが必要。

・すべてのクルーズ船の乗船者(国籍問わず)

・オーストラリアの永住者 ※オーストラリア市民は不要。

ビザ免除の国(Visa waiver countries) 一覧はこちらで確認できます。

トランジット ビザ/通過査証 免除の国(Transit visa waiver countries)一覧はこちらで確認できます。

トランジット・ビザとは。

たとえば、A国からB国に行く場合、飛行機の乗換えなどで、C国に滞在する際に必要となるビザ(査証)。飛行機の乗り換えのために数日かかったりするような場合、空港の外のホテルに宿泊したり、周辺を観光することを可能にするビザです。近年では、乗り換え便も多く次の便への乗り換えもスムースになっているので、必要性が薄れてきたりもしていますが、ニュージーランドでは、ニュージーランド出入国管理局の規定に基づいてこのビザが必要になる場合もあります。

ETAが必要ない人

・ニュージーランドへ渡航前にいずれかのビザを申請しないといけない方(ワークビザ、医療用ビザなどの各種ビザ)

・すでに有効なニュージーランドのビザを持っている方

・ニュージーランド人(市民)でニュージーランドのパスポートを携行している方

・外国籍パスポートを携行しているが、ニュージーランドの永住権を持っている、もしくはニュージーランド市民である。

・オーストラリアのパスポートを携行するオーストラリア国籍の方

いつ申請するか?

2019年8月7日より、申請の受付が開始しています。2019年10月1日以降に、ニュージーランドに入国予定の方は、早めに済ませましょう。
ETAの申請は、必ず、旅行前に済ませないといけません。承認までには、申請からおよそ72時間必要とされているので、飛行機やクルーズ船などへのチェックイン時までには用意しておきましょう。承認がされていないと搭乗できません。

※ETAへの申請をご自身のフライトやクルーズのチェックイン時にすることができたとしても出発時間までに承認されるかどうか分かりませんし、却下されることもあるので、あらかじめスケジュールに余裕を持って行いましょう。
※ETAを申請する際にIVLも合わせて支払うことになります。なので、2019年10月1日以前のニュージーランドへの入国の場合は、まだETAもIVLも気にしなくてよいでしょう。ただ、7月1日以降、各種ビザを申請する必要がある場合の人は、その内容によって、IVLへの支払いが含まれることになります。

ETAとIVLの申請方法

ETAの申請には、だいたい5~10分ほどとされています。一度申請し、承認されると最長2年間有効なのでその間であれば再申請は不要で何度も訪問が可能です。(ETAを申請する際にIVLも合わせて支払うことになります。)
・NZeTA app アップルストアからアプリをダウンロードする。
・NZeTA android app Google Playからアプリをダウンロードする。
・NZイミグレーションサイトから申請する

ETAの費用

・アプリからだと9ドル(NZD)
・ウェブサイト( Immigration NZ website)からだと12ドル(NZD)

IVLの費用

・1人につき35ドル(NZD)
(各種ビザの申請もしくは、ETAの申請が必要な人が対象。最長2年間有効なのでその間であれば再申請不要で、何度も訪問が可能。)

詳しくはイミグレーションサイトをどうぞ⇒Travelling to New Zealand — new requirements

終わりに

日本は、今までビザ免除国として、短期滞在などの場合ビザなしで手間をかけずニュージーランドに入国出来ていましたが、今後は、短期滞在においてもあらかじめETAの申請をしてもらって、渡航について審査しますよ、ついでに観光税も頂きますよ、ということになるということです。ただ、アメリカのEビザほど厳しくもなく、費用も安いのでそれほど構えることではないと思います。

取り急ぎ、10月1日より前にニュージーランドへ入国の場合は、まだ、ETAは不要です。10月1日以降の出発の場合は、必ず必要になります。※ETAが必要な人は、自ずとIVLも必要ということになります。

パスポートとビザの違いを知っておこう。
日本を出て、海外の国に行くには、必ずパスポートが必要です。ですが、それだけでは、不十分な場合があるのをご存知でしょうか。場合によっては、ビザが必要な渡航先もあるんです。 ビザって、聞いたことあるけど、何なのかいまいち分かっていない方もけっ...
ニュージーランド航空、期間限定セール!エコノミーが8万9000円~。
2019年の12月16日から来年2020年の7月15日出発分が対象の期間限定セールが始まりました。(ニュジーランドの夏~秋~冬の期間に該当します。) ※セールは、2019年12月16日(月)まで!お見逃しなく!
 期間限定セール!
セール価格 エコノミー89,000円*~
セール価格 プレミアム・エコノミー194,000円~
セール価格 ビジネス・プレミア299,000円*~

ニュージーランドには行ってみたいけど、どこに行けばいいのか、決められない方に!

世界各地の旅行プランあり。 ニュージーランドのどこへ行こうか、何をしようか、旅行プランが全くない方!もしくは行く予定だけど、計画立てるのがちょっと面倒…。 おすすめの旅行プランを作ってくれたら楽だな…、なんて思っている方、いらっしゃいませんか?! そんなあなたに、ニュージーランド旅行プランの提案が受け取れるタウンライフ旅さがし「海外旅行プラン一括依頼サイト」というサービスがおすすめです。 必要事項をフォームに入力して、無料で問い合わせることが出来ます。せっかくの旅行をより充実したものにするために海外旅行のプロの意見を参考にしてみてはいかがでしょうか。 利用の流れ海外ハネムーンやリゾート旅行のプランも無料です☆
ビザ
スポンサーリンク
ニュージーランド ダイアリー
タイトルとURLをコピーしました