ニュージーランドダイアリー

ニュージーランドの現地ニュースや旅行やビザに関する情報まで色々発信しています。

交通情報

スポンサーリンク
交通情報

ウェリントンのバスネットワーク改編のお知らせ

ウェリントンのバスのネットワークが広範囲に及んで変更されることになっており、よりシンプルで利用者の利便性に即したものになると言われています。 公共交通機関の利用者は年々増加 2024年までには、年間3800万人から年間4200万...
交通情報

南島のピクトンからクライストチャーチをつなぐ、SH1(国道1号線)ついに全面開通。

photo:Sara Orme 2016年11月に発生したカイコウラ地震の被害によって、通行止めがされていたSH1(国道一号線)北部の工事が先日、2017年12月15日に終わり、全面開通となりました。※SH1(国道1号線)南部のクライスト...
交通情報

ニュージーランドの国内の主要国道の制限速度が110キロへ

Photo by Jakob Owens ニュージーランドの国内の主要道路で最高速度が時速110キロになります。 まず始まったのは、北島にある2つの道路。タウランガ・イースタン・リンク(Tauranga Eastern Link tol...
交通情報

ウェリントンのトロリーバス。10月末でお役目終了し、フル電動バスへ移行。

ウェリントンには、トロリーバスが走っています。トロリーバスとは、道路の上空に電線が張られていて、その架線から電気を得て走っているバスです。 下の動画みたいな感じです。 そのトロリーバスの走行のためにウェリントンには、約82㎞におよぶ...
交通情報

ニュージーランド国内の移動手段 まとめ

ニュージーランドの国内の移動手段として車、バス、鉄道、飛行機などが挙げられます。それぞれについて過去にご紹介はしているのですが、ここでもう一度まとめておこうと思います。 安くて便利なバス バスでのニュージーランド国内の移動はもっとも一般...
交通情報

レンタカーの利用について

ニュージーランドダイアリーは、ニュージーランドに渡航を考えている方にとっての情報サイトです。ニュージーランドにある大手レンタカー会社は、Hertz(ハーツ)、Avis(エイビス)、Budget(バジェット)、ACE(エース)、Omega (オメガ)などがあります。大手のレンタカー会社の多くは空港やフェリーターミナル、街中にオフィスがありますのでとても便利です。
交通情報

ニュージーランドを旅客列車で旅しよう

ニュージーランドには、KiwiRail Scenic Journeys(キウイレイル・シーニック・ジャーニー)といって、長距離鉄道を観光客向けに展開しています。鉄道車両の一部を展望車両にしたり、車内の快適さやサービスをグレードアップさせるなど観光客向けにさまざまな取り組みを行っています。 バスや車とは違う、鉄道からしか見ることのできない美しい景色やゆったりとした座席で風景を楽しむ旅はいかがでしょうか。
交通情報

ニュージーランドのバスマナーについて

公共交通機関を利用する際のマナーは、日本とニュージーランドで何ら変わりがありません。ニュージーランドのバスは、"Bus Better"というスローガンのもとに、いろんなシチュエーションにおける迷惑行為についてクマのキャラクター(Bugbear)を使って、注意喚起を行っています。
交通情報

ニュージーランドを国内長距離バス (インターシティ バス)で1人旅に出かけよう!

ニュージーランドは、長距離バスの交通網が発達しているので全国主な観光地へは、長距離バスでアクセスができ大変便利です。特に個人旅行でいろいろ気ままに旅をしたい方にはおすすめです。ここでは、ニュージーランド最大のバスネットワークを持つInter Cityバスについてご紹介したいと思います。
交通情報

ニュージーランドの通勤事情 -Let’s car pool!-

「Carpool、相乗り」とは、1台の自家用車に同じ目的地方面に向かう複数人が相乗りすることです。複数人で車で通勤したりすることでそれぞれが払っていた交通費(ガソリンや有料道路、駐車場代)にかかる費用が削減でき、複数人で交代で運転できることで運転に関するストレス軽減にもつながります。
スポンサーリンク